岡田泰彦のご挨拶

はじめに

 行政書士の岡田泰彦(オカダヤスヒコ、OKADA YASUHIKO)と申します。このホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 生まれ育った三重県で知識や経験を活かした仕事をしたいと考えて行政書士という仕事を選びました。何かと困りがちで手間のかかる様々な法務手続きのお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

 相続関連業務を最初の専門分野として開業いたしました。遺言書の作成、相続発生後の遺産分割協議書の作成、遺言執行手続、相続対策などが主な取り扱い業務です。
 現在の日本では諸外国に比べて遺言書を準備するという行為があまり普及していません。適切な遺言書を作成しておけば相続人の負担を激減させることが可能な場合が多いにもかかわらずです。先ずは自分が生まれ育った三重県で相続にまつわる争いや疲弊が無くなって欲しいと願っています。遺言者の意思が尊重され、遺族が無用に争わず納得できる相続を私と一緒に考えていきませんか。

 相続税支払が必要な場合にはできうる限り少なくなるように案内いたします。相続税自体が存在しない諸外国も多い中、日本では相続税の支払い対象となる方が近年拡大されてしまい、最高税率も2017年4月現在55%と極めて高いのです。相続税の申告や更正の請求、節税などについては、相続が専門で経験が豊富な税理士と業務提携していますので、お客様が改めて税理士を探し求めていただく必要がありません。身近で相続税手続きや相続税対策に詳しい税理士を探すのは実は少々苦労するのです。

 現在は相続以外の分野の手続きも広くお引き受けしています。

略歴

昭和46年に三重県で生まれる、育ちも三重県

修成小学校、三重大学附属中学校、津西高校卒業

横浜国立大学経営学部卒業

地元地方銀行と外資系保険会社に長年勤務後に退社

青山学院大学大学院法務研究科卒業 法務博士号取得

平成29年4月に行政書士岡田泰彦事務所開設 三重県行政書士会所属